TEL  011-895-8670

FAX  011-807-8570

 

留守のときは下記まで

050-5849-3081

 

営業時間

  9:10〜17:20

水・金

  9:10〜16:10

  18:20〜20:30

  9:10〜11:20

  9:10〜16:10

  9:10〜12:30

 

出張サポート・その他所用で留守にしていることもあります。

 

12:30〜14:00

  昼休み

 

月曜・5週目のある曜日の5週目 休み

 

資格検定 受験可能

日本情報処理検定協会
PVアクセスランキング にほんブログ村

2016年

1月

28日

Googleアナリティクスでアクセス元のIPアドレスを取得

アクセス元のIPアドレスを取得する

続きを読む 0 コメント

2016年

1月

23日

プログラミング、小中学校で教育

プログラミングが小中学校で教育される時代が来ます

続きを読む 0 コメント

2016年

1月

13日

私がついついやってしまう失敗対応

 

 

パソコン教室の生徒さんやコーチングのクライアントさんに、ついついやってしまう対応があり、「失敗したな〜・・・」と自責の念にかられることがたびたびあります。

 

一応気をつけているので、その頻度は1〜2年に1回程度です。

 

ですが、それも自覚している限り・・・ですので、私が自覚せずにその対応をしてしまって嫌な思いをしている人もいらっしゃるかもしれませんが・・・。

 

 

その対応とは、

「他の人や事例を引き合いに出してしまうこと」

です。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

1月

12日

古いInternet Explorerのサポート終了 その対策について

 

 

2016年1月13日、最新版ではない「古い」Internet Explorer (以下、IEと略します)のサポートが終了します。

具体的にいいますと、IEのバージョンが「11」以外のもの全てがサポート終了です。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

1月

10日

冬休み親子プログラミング体験会、楽しんでいただけました

 

 

2016年1月10日(日)、冬休み親子プログラミング体験会を実施しました。

参加してくださったのは3組でした。

 

 

今回は、過去のどの回にもまして、講師である私からの指示を少なくしてみました。

 

 

すると驚くべきことに、

 

全てのお子さんが時間内にテキストの最後まで完了

 

早いお子さんは独自のアレンジを施すところまで進みました。

 

 

 

過去4回体験会をやっていますが、実は時間内でテキストが最後まで行ったことはありませんでした。

ところが今回は時間を15分ほど残して完成まで進んだのです。

大変興味深い結果です。

 

 

こちらからの指示通りに進めてもらうのよりも、参加者であるお子さん・保護者様が能動的に進めていくやり方のほうがいいのかも・・・?

 

 

ですが一方で、こちらからの指示が少なかったこともあり、保護者様の感想として、

 

「予想より難しく、親がいなければついていけるか心配。先生の助言を多くして欲しい。」

とのご意見もいただきました。

 

 

今後の課題とさせていただきます。

 

貴重なご意見にはただただ感謝です。

 

 

全体を通して、今回もみなさん

楽しんでくださったことだけは確かのようでした

 

 

それぞれいろんなアイデアがどんどん出てきて、独自のアレンジを加えていたりするところは目を見張るものがありました。

 

自らすすんで考えアイデアを形にしていくこと、これがプログラミングを学んで行く意義でもありますね。

 

今回はそんなことも強く感じられた体験会でした。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

1月

02日

iMac Late 2006のWindows10でディスプレイの明るさ調整

 

 

年が明けて、私の所有するiMac Late2006は10年前のものとなりました。

そんな古いMacを使い続け、Windows10を入れた話を先日しました。

 

 

このiMac、最新OSである OS X El Capitan (OS X 10.11)は動かせません。

このiMacで動かせる最も新しいMac OSは、Lion (OS X 10.7)です。4世代前のものですね。

 

にもかかわらず、Windowsだったら最新のWindows10が動かせるんですよね。

おもしろい話です・・・。

 

 

で、普段は生徒さん用として使っているのですが、久々に自分の作業で長時間使いました。

 

すると、目が疲れたんですね〜。

実は、こんなに目が疲れた感覚を感じるのはこのiMacを使っていて初めてでした。

 

トシのせいもあるんでしょうけれど、画面の明るさにもその要因の一つがあるのではないか?と感じたわけです。

 

 

ディスプレイが明るすぎる・・・のかも。

 

 

あんまりディスプレイが明るくて目が疲れるようなものだったとしたら、生徒さんに使っていただくにしても、難あり・・・です。

 

そこで、ディスプレイの輝度を下げようと思ったところ、「アレ??どうやって下げりゃいいんだ?コレ・・・」となりまして・・・。

前置きが長くなりましたが、そういう話を年明け第1発目のブログに書きたいと思います。

 

続きを読む 5 コメント